FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ここはアメリカ南部の田舎町。でこぼこ道を走るバスに、やせた老人が花束を大切そうに抱えて座っていました。向かい合わせに座った少女は、その花束にすっかり心を奪われているようでした。
 やがてバスは老人の降りる停留所に着きました。すると、老人は持っていた花束を少女のひざの上にポンと置くではありませんか。
 「お嬢さん、ずいぶん花がお好きなようですね。どうぞ、これをお持ちなさい。妻がもしここにいたら、やはり同じことをしたと思いますよ。妻には、私から言っておきましょう……」
 少女は、お礼を言って花束を受け取りました。そしてバスを降りた老人を目で追うと、小さな墓地の中に消えていったのでした。

                  ベネット・サーフ
          『こころのチキンスープ 愛の奇跡の物語』より



こんなさりげない優しき世界が大好きです
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。